社会福祉協議会とは

 私たちの地域が抱えているさまざまな生活福祉についての問題(福祉ニーズ)を明らかにし、地域全体の問題としてとらえ、みんなで考えて、学習や話し合いを重ねながら住民の皆さんが主体となり、組織的・計画的に取り組んで問題解決への道をすすめるお世話(コミュニティーオーガニゼーション)をするそういう場(拠点)が社会福祉協議会です。

 つまり、住民のみなさんにより地域の福祉を進めるためにつくられた民間の福祉機関であり、その主役は住民のみなさんといえます。
行政との違いは 行政は福祉を進めるにも法律や条例に規定がないと動くことができません。しかしながら、社会福祉協議会は民間の組織ですから、規定がなくても住民の皆さんの行動(ボランティア活動等)により進めることができます。つまり、行政の手のとどかないところを補うことができ、またその結果として、住民パワーにより制度施策として行政に持っていくこと(ソーシャルアクション)も可能です。

社会福祉協議会では

 「住み慣れた地域で、家族や友人とともに暮らしたい」。これは全ての人びとの共通の願いです。こうした願いをかなえるためには、地域のみなさんが互いに支えあうことが必要です。つまり、地域の中では住民のみなさんが福祉の担い手であり、そしてまた受け手でもあります。宮若市社会福祉協議会は、次の基本理念、基本方針をかかげて、住民一人ひとりの福祉ニーズに応える活動を積み重ねながら、誰もが安心して暮らしていける「福祉のまちづくり」に積極的に取り組んでいきます。

 共に生き、共に学び、共に参加し、共にしあわせを感じて、より豊かな生活を創り出す「福祉コミュニティー」を創造し、すべての住民をもれることなく優しく包み込む(ソーシャルインクルージョン)まちづくりを目標に掲げ、取り組んでいきます。


宮若市社会福祉協議会の基本理念

みんすべてが、地域における生活共同体としての意識を持ち、地域福祉への関心を高め、住民主体の理念により、自発的な参加による活動を推進し、互いに支え合う「共に生きる町」づくりを進めます。
 
たたかい、心あふれる地域づくりを進めるため、地域が抱えているさまざまな福祉課題を地域全体の問題としてとらえ、共に学び、考えて、話し合い、協力して解決を図りながら、心かよいあう「ふれあいのまちづくり」を進めます。
 
の心を持ち、心の叫びを聞き、それを受け入れ、おもいを語り、そのおもいに耳を傾けて、手をつないで取り組んでいく、そのような仲間づくりの援助やネットワークづくりの支援、ボランティア活動の支援などを行い、住民参加の活動を進めます。
 また社会福祉に関わる公私の関係者・団体・機関、そして保健・医療、教育、労働等の行政機関や民間団体等の連携を図り、行政と住民組織とが輪になって、協働による活動を進めます。
 
いかつの全体性、継続性の原理に基づき、地域における質のよい福祉サービスを提供し、各種機関、団体、住民との協働による、社会制度では対応できないすきまをうめるサービスの整備・開発・実施並びに提言をしながらコミュニティーケアを進め、一人ひとりが安心して暮らせるしあわせなまちづくりをすすめます。

あゆみ

昭和45年3月31日宮田町社会福祉協議会発足
昭和60年7月28日若宮町社会福祉協議会発足
平成18年2月1日宮田町・若宮町の合併に伴い、宮田町社会福祉協議会と若宮町社会福祉協議会が合併。宮若市社会福祉協議会として発足する。市社会福祉センターに事務局を置き、市老人福祉センターに若宮事務所を置く。
平成21年3月1日市老人福祉センター解体に伴い、若宮事務所を廃止。
平成21年4月1日市社会福祉センター内に、ボランティア活動センターを開所し、コーディネーターを配置。
平成22年3月31日介護保険事業の廃止。

交通アクセス

〒823-0011 福岡県宮若市宮田4406番地1    

バス利用    :博多バスセンター(JR直方行き)→JR宮田バスセンター 約1時間30分 徒歩10分

                  JR直方バスセンター(宮若・博多方面行き)→JR宮田バスセンター 約20分 徒歩10分